ダイエットは男女で対策が異なりそう

ダイエットと一言でいうものの、太った原因が根本的に違う場合には対処方法も異なるはずです。

 

例えば間食が慢性的に習慣になってしまった女性の場合。

 

これの遠因が仕事のストレスである場合、ストレスを取り去ることが大切ですが、それが習慣化されてしまった場合は、ちょっと根深いです。

 

口が寂しいなら、ガムなどに置換すればいいのですが・・・

 

根っからの甘党だったらどうするのか?

 

という問題もありますね。

 

砂糖分を取り除いたスムージーなどを持ち歩く工夫も大切ですね。

 

シンプルに、膨らむ系のドリンクで空腹を満たしてしまえば良い。

 

昔ハーバライフとかやっていた手法ですね。

 

いつも胃が満たされているという気分であれば、そんなに食欲旺盛にはならないでしょう。

 

今はあるのかな?

 

スムージーに酵素ドリンクを潜ませるというのが最新のアメリカのトレンドです。

 

実は酵素って、病気知らずな、かなり本質的な成分なのです。

 

酵素は新鮮な野菜を多く取らないと摂取が難しいのですが、今は手軽に摂れるので、長生きしたい人は絶対に注目すべきです。

 

あとは日常生活にプラスアルファした運動が必要です。

 

この運動を習慣化するにはどうすれば良いのか?

 

構えないことが大切なのです。

 

こちらを参考にするとよいでしょう。

コロナ太りで困っていませんか?

在宅ワークが定着してきました。

 

週に一度だけ出社する状況です。

 

これまでは会社との往復で時々ジムに行ってトレーニングをしていましたが、6月に辞めました。

 

実際にも、ジムの入会者が激減したそうです。

 

今は少し回復しているかと思いますが、コロナの恐怖感が植え付けられてしまった今、なかなか以前のような気持ちでは通えないでしょう。

 

特にマスクをしながらのトレーニングって、結構こたえるんですよね。

 

なので、自宅で解放された状態でトレーニングをやる人が増えているそうです。

 

ダンベル、腹筋セットでも買いますか!

 

と探してみると、フルセットのほうが便利そうですが・・・

 

今日はここまで。お読みいただきありがとうございます。