サイドビジネス見聞録

アフターコロナでお仕事探しの勢力図が激変してしまいました

ほんと収入激減した方とか仕事が亡くなった人ってめちゃくちゃ日本たくさんいるんじゃないでしょうか

みんな仕事がなくなってしまったっていうのもあるしコロナに感染したくないから、そもそも人と接触するような仕事がかなり敬遠されているかと思います

ですので自宅でお仕事もできずにもてあそんでいる人って今めちゃくちゃいるんじゃないですか

(引きこもり100万人時代)

さて自宅にいながら会社勤めのお給料並みの収入を得るって事が現実可能なのでしょうか

そこで色々と調べてみました

82の法則というのはありますが世の中の稼ぎの2割の人が全体の8割の稼ぎを得ているというお話を聞いたことがあるかもしれませんね

割合としては非常に少ないのですがインターネットを使って多くの収入を得ている方が実は存在するのです

わかりやすい例で言うと YouTuber さんでしょうか

 YouTuber さんの 稼いでいる額って実はハンパないんです

YouTuberの年収大公開!

たわいもない映像を垂れ流しで年収としては憶に迫る広告収入を得ているという方も日本でも何名か見えます

何名かと言うと数人レベルになりますが僕的な感覚で言うと100人近くいるイメージがあります

私にも出来るの?

何事も同じですがコツコツと映像を蓄えていくというのが大切なことのようです

やはり YouTuber というものはメディアですからテレビと同じように一つのチャンネルの中にたくさんの映像媒体があるということが大切です

つまりはひとつの映像だけではなくこの映像の次はこれその次はこれと次々と流れてくるというのが最も効果的だと思います

ですのでアップされている映像もたくさんあるほうがいいですしそれがある特定の趣味であるとか仕事、ノウハウ、遊び、何でもいいのですがそれらの特化したジャンルについて徹底的にはまっているものが良いと思います

ジャンルとしてはほぼ無限なのであなたの得意技で勝負できるかもしれませんね

もうちょっと詳しく学んでみたいというならばこちらで説明されていました。

英語メルマガサイト運営者のネット私塾は本物なのだろうか?

初めまして!本物商店を立ち上げました K でございます

私もメルマガを何個か購読しておりますがその一つに「毎日1分!英字新聞」があります。

これは毎日、アメリカの新聞記事からニュースとなった一つの記事を取り上げて解説したもので最新の時事英語を学ぶのに役立っております。

メールマガジンを登録するとなぜか他にも転送されて様々なところから宣伝メールが来るようになりますですので別アカウントでメールマガジンを購読するようにしております。

ですのでメルマガについてはそう頻繁に見るものではなく少し時間が空いた時とか気が向いた時にもう一つのアカウントを見て初めて読むというような使い方をしております。

英語については仕事上はあまり使う機会がないのですが以前海外移住願望がありましてとにかく英語力をつけなきゃいけない、ということで勉強していた時期がありました。

今現在はそこまで英語に対する情熱はありませんが、使えるに越したことはありませんので衰えない程度に英文を読むようにしております。

今年も英語圏ではありませんが公用語として英語を採用しているシンガポールに行く計画をしておりました。

今春の3月の春休みにシンガポールに家族旅行を企てておりましたがこのコロナの影響です。

シンガポールへの入国すら不可能な状態となってしまいました。

この次はいつ海外旅行に行けるのでしょうか。

早くコロナウイルスが世界から収束して平穏な日常生活がが戻ることを期待したいところですね。

アフターコロナでの新しい生活様式はどうなるのでしょうか。

さて毎日1分英字新聞の著者石田健さんは、他にもメールマガジンを運用しておりまして「石田レポート 年収1億!稼ぎの構造」というビジネスに関するメールマガジンも発行しておりますね。

私も本業の方が忙しくなかなか他の副業を始めるという暇はなかったのでしっかり見てはいなかったんですが先日たまたまそのメールを見た時に 脳天を撃ち抜かれたような衝撃を受けたのを覚えております。

石田健さんはインターネット塾というものをやっているようですね。

そこの塾の卒業生は5000人を超えるらしいのですが本当のところよく分からないので色々なサイトを調べてみました。

ネットの掲示板とかでも様々な評価がされており結果が出せた人、結果が出せてない人様々な評価がなされているようです。

結局私もよく分からなくなってきて誰に相談したら正しい情報が得られるのかな?と少し悩んでおります。

皆さんはどう思われますか。